fc2ブログ

記事一覧

トビー 8620 モター交換 2022.07.31

トビーの8620ですが、モターはIMON1527Dを入れていました。

20220729 8620 モーター交換前

けん引力、静粛性には問題はないのですが、無負荷回転数が7000rpmと、回転数が低速なことが気になっていました。
8620の動輪系は1600mm、模型では20.0mmです。
ギヤ比1:30でモーター回転数7000rpmの時は、計算値で70.3km/hでした。
8620の最高速度は、90km/hだったようなので、90km/hでの必要なモーター回転数は、8957rpmとなりました。

ということで、その計算値より高い回転数のモーターとしようというものです。

20220730 8620 モーター交換

9600に搭載したワールド工芸のコアレスモーター1020CLが、感覚的によさそうだったので、8620にも採用します。
最高回転数は、14000rpmのようです。
http://jhatake.blog.fc2.com/blog-entry-2506.html

モーター取付板を0.8mm真鍮板から作り、黒染。
モーターはほぼ水平に台枠内に収まりました。

モーターに巻いているのは、モータースポーツでロールゲージ設置の際、ロールバーパットの切れ目を処理するために巻くアセテートテープです。
以前使って、余っていたので使いました。
ゴム系接着剤併用で、経年ではがれないようにしています。

モーター後部には、IMONのφ10.0mmのフライホイール2個を取り付けましたが、試運転の結果は惰行はほとんどありませんでした。
走行は特に問題なし。
運運転会で、しっかりと走行性能を確認したいと思います。

20220731 8620 補重

モーターが台枠内にほぼ収まったので、火室にできた空間に鉛をいれ、重くします。
1mm厚の鉛板を所定の大きさに切り出し、ゴム系接着剤で接着し、重ねていきます。
最後に、黒く塗って目立たないようにしておきます。

20220731 8620 重量計測

台秤で重さを測ったところ、400gでした。
中型機としてはまずまずの重さではないでしょうか。
これはけん引力が期待できそうです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuziro

Author:yasuziro
きままに撮影、そして適当に鉄道模型の製作をしております。

高校の時に近くにあったつぼみ堂模型店へ行くようになり、そこでアルバイトするようになったのが、鉄道模型を本格的に始めるきっかけです。
つぼみ堂が廃業したあとは、伊勢佐木町のBIG BOYという小売店でアルバイトを。

就職とともに模型とは遠ざかったのですが、2008年に模型を再開、現在に至ります。

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター